赤ちゃんが喜ぶ育児

赤ちゃんが喜ぶ育児 2017-11-05T16:50:33+00:00

Project Description

【四六版,ソフトカバー,150P】¥ 1,458円(税込)
書店注文販売、amazon販売

amazonで購入(カード払い)

[著者]岩崎と志子

『赤ちゃんが喜ぶ育児』

著 岩崎と志子

どの時代の『お母さん』も、みんな子育てに一生懸命なのは同じだけれど
 赤ちゃんにとって最高のひとときとは?
 ゼロ歳児の育児
 赤ちゃんが怒るとき
 赤ちゃんが泣くのは理由があるから
 おむつはずしは親と子の大事なコミュニケーション
 抱っこされないで育った幼児
 ママがよその子を抱くのは、子どもにとっては大事件
 子どもが病気を理由に学校を休みたがるワケ

多くの子育てママが持つ育児の悩み、おばあちゃんとの考え方の違い、医療への意識の変化。
小児科医として50年間、育児・子育てと向き合ってきた90歳の著者が、
変わりゆく育児環境の中でも
変わらない『赤ちゃんにとって大切なこと』
をエッセーで紹介します。

~やさしい心
 花を美しいと愛でる心
 人を愛するこころ
 をはぐくむ~

そんな気持ちで綴った本です。

<目次>
1.初めて出逢ったお母さんたち
2.昭和のお母さん
3.保育園医三十年
4.麻疹・風疹との闘い
5.お祖母さんと孫
6.赤ちゃんは怒る
7.今どきのおむつはずし
8.障害のある子どもたち
9.学校医の経験
10.昭和から平成まで乳幼児健診五十年
11.働くお母さんと子どもの病気
12.予防接種
13.小児科医のたのしみ

赤ちゃんが喜ぶ育児 【印刷版】 
ISBN 978-4-434-23827-7 
定価 1458円(本体1350円+税)
四六判 ソフトカバー 150ページ 

初版発行 平成29年9月2日